1. トップ
  2. 読みもの
  3. 定番からニューフェイスまで!いちご品種紹介

定番からニューフェイスまで!いちご品種紹介


いちごは世界各国で食べられていますが、生食での消費量は日本が世界一だとも言われています。世界全体のいちご品種の半分以上が日本のものだという説もあるくらいです。

そんな日本のいちご品種はなんと、約300種。

この中から現在国内で生産されているいちごをほんの一部ご紹介します。

いちご

みなさんご存じ、スーパーでよく見かける品種たち

よく見かけるけど、どんないちごなんだろう?そんな疑問にお答えします。

とちおとめ

【とちおとめ】

栃木県で開発された品種で、主に東日本で栽培されています。かつて栃木県で主力の品種であった「女峰」の後継品種として、1996年に生まれました。形は大粒の円錐状で、酸味と甘さのバランスがよいのが特徴。誕生から20年以上たった今でも市場で多く取り扱われる人気の品種です。

紅ほっぺ

【紅ほっぺ】

静岡県で開発された品種で、2002年に生まれたいちごです。
中まで真っ赤な果肉で、ジューシーでコクがあり、「ほっぺが落ちるほどおいしい」ことから、「紅ほっぺ」と名付けられました。
糖度の平均が12~13度と甘く、いちご狩りでも人気の品種です。

【あまおう】

福岡県で開発され、福岡県内でのみ栽培されているいちごで、2005年に品種登録されました。
「あまおう」の由来は「あまい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字から。
ちなみに、2015年に突然変異で出来た1粒250gのあまおうが世界最重量の苺としてギネスに認定されているそうです。

 

いま、注目のいちご

現在、県独自の品種などブランドいちごが賑わっています。新進気鋭のいちごをご紹介。

【スカイベリー】

17年もの年月をかけて栃木県で開発されたイチゴで、2014年に品種登録されました。「大きさ、美しさ、おいしさ」の全てが大空に届くような素晴らしいいちごという意味が込められており、栃木県にある百名山の一つ「皇海山」(すかいさん)にもちなんでいるそうです。

 

【よつぼし】

三重県、香川県、千葉県と農研機構の4つの機関が共同で開発した品種です。一般的にいちごは苗から育てるのですが、この品種は種から育てることができるいちごです。
名前の由来は味が「四つ星」級に美味しいこと、4つの機関が共同で開発したことから来ているそうです。

 

宮城のご当地いちご

宮城県といえばずんだ、牛タン…というイメージがありますが、実は宮城県は東北のいちごの一大産地。宮城が誇るご当地いちご、ぜひ名前を覚えてくださいね。

 

【もういっこ】

2008年に品種登録された宮城県オリジナルの品種です。特に東北のいちごの一大産地である、宮城県山元町では県内有数の生産量を誇り、県民だけでなく通販などで県外からも購入されている人気のいちごです。
大粒ですが、やさしい甘さなので食べているとついつい 「もう一個」と手を伸ばしてしまうおいしさから、「もういっこ」と名前が付きました。

 

【にこにこベリー】

宮城のオリジナル品種「もういっこ」と、「とちおとめ」を掛け合わせた品種で、2020年から本格出荷が始まったニューフェイス。県が12年かけて開発したいちごで、名前は先にデビューした「もういっこ」に続く「にこ」、そして食べる人も作る農家さんも「にこにこ」笑顔になれるように、という意味が込められているそうです。

 

品種?ブランド?話題のミガキイチゴ

関東でも人気のいちごスイーツ専門店「いちびこ」でも使われている「ミガキイチゴ」。
最高級のものはなんと一粒1000円!メディアでも話題になりました。

「ミガキイチゴ」は品種名ではなく複数品種のいちごの統一ブランド。
固有の品種ではなく、産地・製法・技術による青果の違いをブランド化したものなんです。

現在は、とちおとめ、もういっこ、にこにこベリー、よつぼし、ハナミガキの5品種の中で、色、形、ツヤなど、それぞれ厳しい基準をクリアしたいちごだけが、ミガキイチゴを名乗ることができます。

ミガキイチゴ

今回、東北食卓百貨店ではいちご特集を開催中。
話題の「GRA」さんの『ミガキイチゴ』や「燦燦園」さんのいちごが購入できます。
宮城の旬のいちごをお楽しみください!


ページトップへ