1. トップ
  2. 読みもの
  3. 燦燦と降り注ぐ太陽のように、 たくさんの人を笑顔にするいちご|燦燦園

燦燦と降り注ぐ太陽のように、 たくさんの人を笑顔にするいちご|燦燦園


東北最大のいちごの産地として知られている宮城県亘理郡山元町。この場所で、50年以上もいちごを栽培しているのが、「いちご屋 燦燦園」です。
燦燦園のこだわりは、「とにかくおいしい完熟いちごを、生で味わってもらうこと」。現在、13棟のハウスで、年間100トンのいちごを育てています。

燦燦園いちご

ポツリ残ったビニールハウスが「続けろよ」と言っている気がした

「父親の作るいちごが、子どものときから大好きだった」と話す代表取締役の深沼陽一さんは、もともとは家業を継ぐつもりはなかったのだとか。「20代前半で戻ってきて、いちごづくりと経営を教えてもらって。直売所もつくって、さあこれからもっと広げていこうかっていうときに、震災が起こったんです」。

燦燦園深沼社長

当時「深沼農園」の屋号でいちごを育てていた燦燦園のハウスにも、津波は到達。「でも、1棟残ったんです。ほかの農家さんのハウスがなくなってしまった中で、なんだか『いちご、続けろよ』って言われているみたいな気がしました」と、深沼さん。

震災のあった2011年11月には「燦燦園」に改名し、深沼さんが代表取締役となりました。「燦燦園っていう名前は、亡くなった母親が『私が死んだら、葬式で美空ひばりさんの『愛燦燦』をかけてね』って言っていたのを思い出したから。それに、いちごをつくるのに大切な太陽の燦燦と、英語のSUNにもかかってるからいいな、って思って」。

燦燦園ハウス

人とITで、いちご栽培に最適な環境をつくる

深沼さんが代表に就任してからは、これまでの知見と技術に加え、ITを取り入れての栽培が開始されました。「光、水、温度をプログラミングで管理しています。1日を6分割して、いちごにとって最適な環境をつくるんです。冬場であれば、日の入2時間後、寒くてもハウスを開けて室内の温度を下げます。すると、葉と実も冷たくなるので、根っこがそちらへの養分を優先させる。そして、日の出の2~3時間前に暖房を入れ、室内を光合成が始まる16℃にしておくと、太陽が出るのと同時にいちごが光合成を始めます。以前はこれを人の手でやっていたんですけれど、そこを機械に任せることで、人は別のことができるようになったわけです」。

燦燦園いちご

光合成に必要なCO2も、以前はハウス中央部に置いたCO2発生器から噴射していましたが、「それだと、換気をしたときにCO2が外に出ていってしまって、均一ではなくなってしまいます。なので、ヤシガラを使った培地にはわせたパイプから直接CO2を当てるようにしたんです」と、燦燦園ならではの環境管理方法を教えてくれました。培地のヤシガラについては、「保水性が高いのに、通気性もいい。うちではオリジナルの液体肥料をいちごに与えているのですが、排液を調べて『いちごが何を吸って、何を吸わなかったか』も調べています。栄養分を分析して、科学的にいちごを管理しているんです」と。

先端技術を駆使しながらも、「どのいちごが、お客さまのもとに届くのにふさわしいのか」を判断するのは、人。摘み取りは昔も今も変わらず人の手によって行われています。

「ちょっとこのいちご、食べてみてください」。が手渡してくれたいちごを口に含むと、あふれんばかりの果汁が滴ります。そして、濃くて甘くて、なにより香りが強い!取材陣が目を丸くしながら口々に「おいしい!おいしい!」という姿を見て、目を細める深沼さんの姿が印象的でした。

おいしいから楽しい。楽しいからおいしい

もともと「深沼さんのとこのいちごを食べたら、ほかのところのものは食べられないよ」といわれるほどにおいしいと評判だった燦燦園のいちご。以前は知る人ぞ知る存在でしたが、その味を武器に、深沼さんは次々と販路を広げていきました。

一流デパートの高級青果店や有名パティスリーのパティシエなど、「燦燦園のいちごでなくちゃ」というファンを確実に増やしていったのです。しかし「うちは『完熟・生』にこだわっているので、中1日で届けられる場所じゃないと、販売できないんですよ」という徹底ぶり。

そこで深沼さんは「うちのいちごのおいしさを、もっと多くの人に知ってほしい」と、完熟いちごを丸ごと凍らせてそれを削った「いち氷」を開発、販売。練乳をかけていただくこのひんやりスイーツは、通販も可能で、全国どこでも燦燦園のいちごのおいしさを味わうことができます。余談ながら、某アーティストのライブ会場においては、4日間で8,000食を完売するほどの人気だったそう。

燦燦園いち氷

さらに2022年には、仙台市若林区に新たなハウスが完成し、観光農園とスイーツショップをオープンさせる予定です。「おいしいと楽しいし、楽しいとおいしいじゃないですか。いろんな人に笑顔になってもらえたらいいなと思って」。そう話す深沼さんの表情は、燦燦と輝いてみえました。

東北食卓百貨店で購入できる燦燦園のいちごで、この冬は自分と、家族と、大切なあの人へ笑顔を送りませんか。

燦燦園いちご

ページトップへ