1. トップ
  2. 読みもの
  3. 定番りんご「ふじ」ってどんなりんご?「サンふじ」との違いとは?

定番りんご「ふじ」ってどんなりんご?「サンふじ」との違いとは?


りんごにはいろいろな品種がありますが、年間食べられるりんごの代表的なものに「ふじ」があります。特に冬場の「ふじ」は蜜がたっぷりで好きなりんごといえば「ふじ」という方も多いのではないでしょうか?

そんな定番りんごですが、調べてみると「ふじ」、実は様々な特徴があるりんごなのです。本日はそんな「ふじ」の秘密に迫ります。

大野農園_サンフジ

おいしいりんごを食べてもらいたい、という気持ちから産まれたりんご

「ふじ」は当時青森にあった農林省園芸試験場で誕生し、1962年に市場で販売されるようになりました。

その頃は高度経済成長期で、バナナの輸入自由化が始まった事なども重なり、りんごの価格が暴落。多くの方がまたりんごを買いたくなるよう、よりおいしいりんごを作るため、りんごの品種更新が進みました。

ふじりんご

「ふじ」は当初色づきが悪いなどの欠点があり、栽培に消極的な農家さんも多かったそうですが、その後の関係者の努力によりその欠点も改善。味も見た目も最高のおいしい「ふじ」になったのです。

名前の理由も諸説ありますが、その中の1つには「日本といえば連想される山『富士山』にあやかって」という説も。

まさに王道りんごにふさわしいネーミングですね。

日本だけじゃなく、世界でおなじみの「ふじ」

現在では日本だけでなく、海外でも栽培されるようになり、世界で最も生産量が多いりんごになりました。
ちなみに中国では「富士苹果」、欧米では「Fuji」と、それぞれ日本同様の名前で親しまれています。

ふじりんご

「ふじ」と「サンふじ」の違いとは?

「東北食卓百貨店」でも「ふじ」と「サンふじ」の2つのふじりんごを取り扱っていますが、一体何が違うのか、皆さんご存知ですか?

実はこの2つ、育て方に違いがあるんです。

育てるときに袋をかけて育てたものが「ふじ」、袋をかけずに育てたものが「サンふじ」になります。

袋をかけることで、赤くきれいな色がはっきり出て、つやがある見た目に。ギフトなどで好まれる美しいりんごに育ちます。

一方で袋をかけないと色は薄く、ざらざらした手触りになってしまうのですが、より蜜が入りやすくなるそうです。

同じ「ふじ」でも栽培方法で味や見た目が変わるなんて、面白いですね!

ふじりんご

東北食卓百貨店では大野農園さん「サンふじ」結城果樹園さん「ふじ」を11/20より予約販売しています。

どちらも買って、食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。


ページトップへ